セフレ募集情報サイト【choisir-une-mutuelle】

セフレ募集サイト情報サイト【choisir-une-mutuelle】

セフレを探している人が見つかるサイトを紹介しています。

実際のセフレ関係とは

これは私の体験ですが、同じ会社の同僚であるOLと「セフレ」の関係になったのです。
彼女は他の女性社員より仕事が出来て、更に非常に魅力的な人でした。

見た目は綺麗で如何にも「モテそう」な感じなのですが、物腰が凄く冷静沈着で他の男性社員は彼女を遠くから見つめるだけで、誰も声を掛けようとしませんでした。

そんな訳で私はこれはチャンスだと思い、積極的に声を掛けて食事やデートする仲になりました。
しかし、そんな間柄になっても彼女は私にハッキリと言ったのです。

今の自分は彼氏を作る気はない、何故なら性格が気まぐれで、会社には内緒だが夜のアルバイトをしてので忙しくて構ってあげられないから相手に申し訳ない。

そんな彼女の「夜のアルバイト」を聞いてみると、高級クラブでのバニーガールとの事でした。

そこまで私に話してくれた彼女に更に惹かれていると、彼女から私を自宅のアパートに呼んでくれる様になりました。

当然ですが私も彼女も独身だったので、自宅に呼ばれたら「泊まって帰る」という関係になります。
つまり、「セフレ」と呼べる関係になったのです。

ですが私は本当に彼女を好きになっていたので「セフレ」ではなく本当の「彼女」なってほしかったのです。
なので何度か「私の彼女になってほしい」と伝えたのですが、答えは同じでした。

彼女は「ごめんなさい、今の私には無理なの」と繰り返すだけでした。
そうして何度も告白する私を「しつこい」と思ったのか、彼女はついに自宅に呼んでくれなくなりました。

更に会社で顔を合わせても、廊下ですれ違っても他人のフリという態度でした。
そんな彼女がある晩になって、私を久々に自宅に呼んでくれたのです。

呼んでくれた事に驚きつつ、私は以前と同じように彼女の部屋に泊まりました。
そうして、次の日になって会社に行ってみると更に私は驚きました。

何故なら彼女が会社を辞めていたのです。
元々、私と彼女が所属している部署が違うので退職の話を全く知らなかったのです。
それに久々に泊まった時も、退職の話なんて彼女は一言も口にしていませんでした。

そうして、その後は連絡も出来なくなったので自然と彼女との関係は終わりました。
これが始めての「セフレ体験」だったので、今も思い出すと少し苦いと感じたり、印象深い出来事だったと思わされます。

セフレで出会いを求める人意外と簡単に出会える方法

スポーツ新聞には、末尾の方や隅などにいかがわしい広告が並んでいますよね。
多くは風俗の勧誘なんですけど、恥ずかしながらついつい惹かれて欲情してしまいますね。
女性と寝たいな、と強く思いながらも、それがなかなか叶わずにいたわけです。

僕はもう前の彼女と別れてから五年間も恋人がいません。
数えると、五年もセックスをしていないわけですよ。
それこそ頭の中は女性のことだけでいっぱいになって、悶々としてしまうんです。

強いストレスを感じたり、疲れていたりする日にスカートの短い女性なんか見てしまうと、もうたまらなくなってしまって、よくないことも考えてしまうんですね。
でもそんな自分が何だか悲しくなり、セフレサイトというものに登録してみようかな、なんて思ったんです。

僕みたいにセフレサイトで出会いを求めている人はいるだろうとは思っていたんですが、ここまで予想が当たり、上手くいくとまでは思いませんでした。
自分のタイプの女性となんか出会えるのだろうか……と最初はすごく心配だったのですが、利用しているうちにそんな不安は忘れてしまいました。

出会えた女性は、とてもセックスの上手な方で、いろんな願望のある僕をリードすらしてくれます。
すごく今更なんですけど、インターネットってすごいんですね。
本当にいろんな、たくさんの人がいるので、出会うことが出来ました。

セックスの願望、欲求は男と切り離せません。
もし欲求が溜まっているのなら、ぜひセフレサイトを利用してみてください。

セフレサイトの男女比率

以前は一部の人だけ・・・・というアンダーグラウンド的な存在だったセフレですが、最近はセフレを作る人が増えつつあるようです。
ネット事情の変化もそうですが、一番大きな変化はセフレを作る事へ抵抗を感じない人が増えたという事でしょう。
みんながしているんだから自分もしよう・・・・・という集団心理のようなものが働いているのかもしれませんね。
もちろん、セフレ人口が増えた方がセフレサイトにとっても都合がいいわけです。利用者が増えれば増えるほど出会える可能性も高くなりますよね。

しかし、出会えるといっても、まだまだセフレサイトは男性会員の方が女性会員よりも圧倒的に多いようです。
確かに男性の方が性欲が強いというのも要因の1つかもしれませんが、男性は誰でもいいからセックスをしたい・・・・というのに対して
女性の方は好きな人とじゃないとセックスはしたくない・・・・という人が多く考え方の違いなのかもしれませんね。

ただ、女性の方が少ないといっても、女性会員も増えつつありますし、男性は競争率が高くても可能性はゼロではありませんから、
セフレを作ろうと思ったらセフレサイトに登録し、ただ諦めずに相手を探し続けることです。
無料セフレサイトなら無料で利用する事が出来るので、時間を気にせずセフレを探す事が出来ますよ

セフレサイトの傾向

出会い系サイトの利用者を否定するわけではないですが、まだまだ悪徳サイトに対する警戒心というか、対策が十分に行われていないということが実感として感じられます。

いや、こればかりはサイトの利用者ばかりを責めるわけにはいかないのはよくわかります。
結局誰が悪いのかという話をすれば、悪いことをする奴らが悪いわけですからね。

ただ、おそらく皆さんがイメージしている以上に、セフレサイトのみならず出会い系サイト全般の悪徳サイトの脅威というものは大きいですよ。

特に金銭が絡むトラブルとなると、平気で悪質な脅しをかけてくる業者もあるので、被害の傾向みたいなものを頭に叩き込んでおかないと、最終的にな気を見るのは利用者の側です。

良心的な経営理念にもとに運営されている出会い系サイトはごくごく一部で、さらに無料のサイトとなると、優良サイトの数はさらに減ってしまいます。

ある程度の信用と会員数が集まるものは、どうしても有料のサイトが多いのです。
広告収入の絡みで出てくる会社が、多くの人に信用されている大手企業の場合などであったら、無料サイトでも優良のモノがあるんですけどね。

そこらへんの事情については、実際にサイトを利用している登録者の口コミ情報を首っ引きでチェックして回るしかないでしょう。

面倒なようですが、結局はそれが優良なサイトに登録するための一番の近道だといえそうです。
ただし、ひとつの口コミサイトだけから得られた偏った情報を信用するのも禁物です。
すでに悪徳サイトの息がかかっている可能性がありますからね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ